2018年4月13日金曜日

第2回 ロマン主義:先駆者ジェリコーとドラクロワ

フランスのロマン主義:ジェリコーとドラクロワについてのお話でした。

生涯をたどりながら見ていきます。二人とも初めは「新古典主義」の画家から学んでいました。

ジェリコー《メデュース号の筏》、ドラクロワ《民衆を導く自由の女神》 など、多くの絵を例にとり、「ロマン主義」の絵画の特徴、構図のとりかた、感情表現、筆致、描くまでの習作、政治のこと、交友関係、ドラクロワの北アフリカ旅行など説明いただきました。

ドラクロワが色の三原色、補色を研究していた、との話は驚かされました。
展覧会などで、じっくり見てみたいものです。

そしてロマン主義と 新古典主義の比較でまとめになりました。

中村先生からは「画家の性格、交友関係などの逸話なども皆さんに紹介したい。」とのお言葉をいただいています。楽しみです。

ジェリコー 「メデゥーズ号の筏」
1819 ルーブル美術館
対角線構図 右上に希望、左下に絶望(by世話人)

ドラクロワ「ダンテの小舟」
1822 ルーブル美術館

ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」
1831 ルーブル美術館
<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方はこちら(←リンク)へどうぞ。>



<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;
この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。
下の共有ボタンが便利です。>

2018年4月6日金曜日

第1回 新古典主義:ダヴィッド、アングル

2018 前期講座が始まりました。
講師は多摩美術大学教授、中村隆夫先生、フランスの新古典主義の時代からシュールレアリスムまでとなります。
中村先生は仏文学にも通じておられます。

美術講座が初めての方、リピーターの方がいらっしゃいます。
それぞれの形で復習したり、新しい発見をしたりできることと思います。一緒に美術を楽しみましょう。

今回は新古典主義;ダヴィッドとアングル。
二人ともフランスで「ローマ賞」を獲得し、イタリアに勉強に行っています。

ダヴィッドは政治と深くかかわっているのですね。
ダヴィッド、アングル、周辺の多くの画像を見せていただきました。

ダヴィッド、「ホラティウス兄弟の誓い」
1784 ルーブル美術館
アングル、「ユピテルとテティス」
1811 グラネ美術館
ナポレオンの肖像画もいくつも紹介されました。ダヴィッド、グロ、アングル。比べてみると面白いです。
アントワーヌ=ジャン・グロの「アルコレ橋のボナパルト」は 5月から始まります「新国立美術館」での企画展
「ルーヴル美術館展  肖像芸術——人は人をどう表現してきたか 」 での目玉として展示されるようです。

ダヴィッド「書斎のナポレオン」
1812
アントワーヌ=ジャン・グロ 「アルコレ橋のボナパルト」
1796     
アングル「第一執政官ナポレオン」
1804
   





<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)へどうぞ。>



<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;
この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。


下の共有ボタンが便利です。>



2018年3月23日金曜日

2018 前期美術II いま見なければ損をする!フランス美術の魅力が満載 ~新古典主義からシュルレアリスムまで スケジュール

2018年前期美術IIのスケジュールが発表されました。

いま見なければ損をする!フランス美術の魅力が満載
~新古典主義からシュルレアリスムまで


   講師
多摩美術大学教授  中村 隆夫 先生



  1. 4 / 6(金) 新古典主義:ダヴィッドとアングル
  2. 4/13(金)  ロマン主義:先駆者ジェリコーとドラクロワ
  3. 5/11(金)  クールベの生涯と作品
  4. 5/18(金)  印象主義①:モネを中心に
  5. 5/25(金)  印象主義②:ルノワールを中心に
  6. 6/ 1(金)  ゴーガン①:初期からポン=タヴァン時代
  7. 6/15(金)  ゴーガン②:タヒチの時代を中心に
  8. 6/22(金)  ゴッホ①オランダ時代を中心に
  9. 6/29(金)  ゴッホ②フランス時代を中心に
  10. 7/13(金)  モローと象徴主義の画家たち
  11. 7/20(金)  フォーヴィスム:ドラン、ヴラマンク、マティス他
  12. 7/27(金)  シュルレアリスム:エルンスト、ダリそしてマグリット   
概要
パリが単にフランスの首都ではなく芸術の都として輝いたのは、19世紀から20世紀前半までの時代です。どんな画家たちがどんな作品を制作したのかを時代を追って見て行こうと思います。  


中村隆夫先生プロフィール

美術史家・仏文学者
上智大学文学部フランス文学科卒、
慶應義塾大学大学院修士課程哲学専攻美学美術史修了
滋賀県立近代美術館、毎日新聞社、損保ジャパン東郷青児美術館などを経て、
多摩美術大学美術学部教授


著書
『象徴主義 モダニズムへの警鐘』(中村隆夫著)(東信堂,1998)
『バロックの魅力』(小穴晶子編 河村錠一郎, 中村隆夫, 福島勝則, 諸川春樹 共著)(東信堂,2007)
『ピカソの世紀』『続ピカソの世紀』(ピエール・カバンヌ著 中村隆夫訳)(西村書店,2008)
など。

今年は新国立美術館で「至上の印象派展、ビュールレ・コレクション」等もございます。
展覧会にむけて、教養として、講座にぜひご参加ください。

<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)へどうぞ。>


<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;
この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。


下の共有ボタンが便利です。>