2017年12月1日金曜日

第7回 聖人の物語と象徴的表現2

キリスト教芸術にはいろいろな聖人が登場します。

今回は聖人を見分けるアトリビュート(持ち物)について教えていただきました。聖人に関する「おはなし」が黄金伝説という本や聖書などにあり、それに基づき持ち物が決められ、誰かわかるように描かれているそうです。

聖人信仰、十字軍のころの都市、人々の様子、聖遺物、巡礼についても触れられました。

つぎはぎだらけの聖フランチェスコの衣服
アッシジの聖フランチェスコ聖堂
By Tetraktys CC BY 3.0 via Wikimedia Commons

「聖フランチェスコ」の聖遺物。
ローマとフィレンツェ間の「アッシジ」という町にフレスコ画で素晴らしい「聖フランチェスコ聖堂」があるのでイタリアの旅で訪れるとよいそうです。

「聖ペテロ」は鍵を授与されています。鍵がアトリビュートです。
ペルジーノ「天国の鍵の授与」
1480-82 システィーナ礼拝堂
四福音書記者;聖マルコ・聖ヨハネ・聖マタイ・聖ルカ;は神秘の四つの動物であらわされています。。

諸川先生の講座では どの動物が誰を指すかを覚える「訓練」がありますので、弱点克服できるような気がいたします。

四福音書記者が彫られている
福音書写本の表装か?
象牙、メトロポリタン美術館


<次回2018年4月からの講座は2018年1月初旬に詳細が発表されます。発表になりましたらすぐにお知らせいたします。>

<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)へどうぞ。>

<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;
この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。
下の共有ボタンが便利です。>

2017年11月24日金曜日

第6回 聖人の物語と象徴的表現1

「復習;テスト」がありました。緊張しますね。

ヴェネツィアの「聖ロクス同信会館」(聖ロクスはペストを鎮めてくれる聖人)にありますティントレットによるキリストの生涯の数々の画などを軸に復習しました。 ヨーロッパへの旅でどこで何を見るべきかも教えていただけます。

ティントレット 「ピラトの前のキリスト」
1566-67 ヴェネツィア 聖ロクス同信会館

ローマ総督ピラトは手を洗って見せています。これは「この件には手を下さない」ということを意味しています。

今回はキリストの象徴となる記号なども教えていただきました。

 XPIのモノグラム(救世主キリスト のこと)
 A(α)とΩ(ω);ギリシャ文字の最初と最後→万物の初めと終わりとしての神を象徴
などなどです。

ケルズの書より XPIのモノグラム
8世紀末から9世紀初め ダブリン、トリニティー・カレッジ

荘厳のキリスト 1123 
バルセロナ カタローニャ美術館
αとωがキリストの肩あたりにある。


次回は聖人。

イタリアやフランスではカレンダーに聖人の名が記載されているものが普通にあります。。
数年前のイタリアのカレンダーの画像を入れておきます。日にちの下に名前があります。
例えば9月30日は聖ヒエロニムス(イタリアでの呼び方は聖ジローラモ)の日です。来週お話がございます。


<次回2018年4月からの講座は2018年1月初旬に詳細が発表されます。発表になりましたらすぐにお知らせいたします。>

<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)へどうぞ。>

<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。下の共有ボタンが便利です。>



2017年11月17日金曜日

第5回 キリストの物語4(磔刑から昇天まで)

しばらくぶりの講座です。

受講生からの質問のお答えと復習から始まりました。

ラファエロ モンドの磔刑図 
1503 ロンドンナショナルギャラリー
この絵は何の絵でしょうか?ということを復習するのですが、他の説明もありました。
INRI とは何? イエス・ナザレの人・王・ユダヤ人の
天使が壺を持っているのは? 血を集める
太陽と月は? 新約と旧約で照らす様子。
描かれている登場人物は?

****

今回は昇天まで。キリストの物語は今回で終わりです。

同じ時代、同じ主題の場合、どちらがいいと思うか、などから比べてみるとよいそうです。

ほぼ同じ時代のルーベンスとレンブラントの「十字架降下」。どちらが好きかとの問いかけがありました。
ルーベンスの絵は「フランダースの犬」のネロ少年が見たかった絵。
ルーベンスはカトリック、レンブラントはプロテスタントの国の人、宗教の内容が違うそうです。
レンブラントのキリストはリアリズム、苦しんでいます。描かれている登場人物の説明もありました。

ルーベンス 「十字架降下」1614
アントウェルヘン大聖堂
レンブラント「十字架降下」1633
ミュンヘン、アルテ・ピナゴーク


キリスト哀悼

ボローニャに留学されていた諸川先生の思い出深いテラコッタの彫刻。当初は着色されていたそうです。

ニッコロ・デッラルカ 「キリスト哀悼」
1488-90 ボローニャ国立絵画館
By Palickap (Own work) [CC BY-SA 4.0via Wikimedia Commons

キリストの復活。

堂々としたキリストの姿、警備する兵士たちが眠っていたり、キリストからの光の輝きに目が痛くなり押さえている様子がわかりますが、後ろの風景画にも注目です。
左の「木」は枯れていて冬・・1月ごろ・・を意味し、右の「木」は繁っていて夏を意味する。。
とすれば、真ん中のキリストは何月?
冬と夏の間の3月の復活祭の頃。。「キリストの復活」にぴったりの季節の位置にあるということです。なぞなぞのようです。


ピエロ・デッラ・フランチェスカ 「キリスト復活」
1463-65頃 サンセポルクロ美術館
今回も多くの画像を見せていただきました。

****
今、上野の森美術館で開催されている「怖い絵」展、入場待ちが長いということが受講生で話題に。
先生によりますと聖書に関する怖い絵はとても多いとのことでした。



<次回2018年4月からの講座は2018年1月初旬に詳細が発表されます。発表になりましたらすぐにお知らせいたします。>

<「美術Ⅱ新百合ヶ丘」・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)へどうぞ。>

<講座参加の方へ;また、このブログを見付けてくださった方へ;この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。下の共有ボタンが便利です。>